ページ内を移動するためのリンクです。


岩崎動物病院は、東京都台東区浅草のフェレット・そのほかのエキゾチックアニマルの診療が可能な動物病院です。

アクセスマップ

テキストサイズ
テキストサイズS(小)
テキストサイズM(中)
テキストサイズL(大)

ご予約・お問い合わせは 03-3876-9696


病気

フェレットの飼育をする上で予防をするべき伝染病があります。発症時の致死率が高いので、予防をすることはとても重要になります。

犬ジステンパー

フェレットは犬ジステンパーの感受性が高く、発症してしまったらほぼ100%死に至ると言われています。現在国内にフェレット用のワクチンはなく、犬用の混合ワクチンを接種して犬ジステンパーの予防をしているのが現状です。本来フェレットのためのワクチンではないため、フェレットに思わぬ副作用や、ジステンパーが発症してしまう場合があるようです。
鶏胚由来の弱毒生ワクチンは比較的、副作用が起こりにくいという報告が出ています。また、一部のワクチンでは海外での死亡例も数多く報告されています。


フィラリア症(犬糸状虫症)

犬の心臓に寄生する事で有名な犬糸状虫(Dirofilaria immitis)はフェレットにも寄生することが分かっています。感染経路や症状などは犬と同じですがフェレットの心臓は犬よりも小さく、数匹に寄生されただけで重篤な症状を引き起こします。犬に使用する薬剤で予防が可能です。


フェレットとインフルエンザ

人が感染することで知られているインフルエンザウィルスは動物にも感染が起こる人獣共通感染症です。フェレットもインフルエンザウィルスに感受性があり、人からフェレット、フェレットから人への伝染が成立します。感染経路は直接接触感染と鼻汁などの分泌物による飛沫感染があり、容易に感染します。
フェレットはインフルエンザウィルスに感染した場合、咳、鼻汁、発熱、食欲不振など人間が感染した場合と同様の症状を呈します。
フェレットのインフルエンザウィルスに対するワクチンは無いので、冬場の乾燥を避ける事とインフルエンザウィルスに感染している人間、またはフェレットと隔離する事が予防となります。



ページトップへ戻る