ページ内を移動するためのリンクです。


岩崎動物病院は、東京都台東区浅草のフェレット・そのほかのエキゾチックアニマルの診療が可能な動物病院です。

アクセスマップ

テキストサイズ
テキストサイズS(小)
テキストサイズM(中)
テキストサイズL(大)

ご予約・お問い合わせは 03-3876-9696


各国のフェレットに関する法規

オーストラリア

オーストラリア首都の特別地域とビクトリア州はフェレットの飼育にライセンスが必要です。クイーンズランド州ノーザンテリトリーでは、フェレットのペットとしての飼育は違法とされています。


ブラジル

避妊・去勢が施され、マイクロチップが埋め込まれたフェレットのみが飼育を許可されています。


アイスランド

フェレットの販売、流通、繁殖、飼育は全て違法とされています。


ニュージーランド

2002 年度より、フェレットの販売、流通、繁殖は違法とされています。
当時、一般家庭で飼育されていたフェレットや、すでに繁殖を行っていたファームはこの規制の対象外となっています。


ポルトガル

フェレットは狩猟用としての飼育のみが政府に許可されています。ペットとしての飼育は違法となります。



アメリカ合衆国

当初は多くの州で飼育が禁止されていましたが、フェレットが一般的なペットとなったことから、いくつかの州以外で飼育が許可されたようです。
カリフォルニア州はフェレットの飼育を法律で禁じています。ハワイ州ではフェレットは「狂犬病ウイルスのキャリアとなる可能性がある」とされ、ペットとしての飼育は法律により禁じられています。合衆国領プエルトリコでも、同様の理由でフェレットの飼育が禁じられています。
また、ワシントンD.C.、ニューヨーク市など、都市単位で飼育が禁止されている場合もあります。多くの米軍基地においても飼育が禁じられています。
ロードアイランド州では、フェレットの飼育に許可が必要です。イリノイ州および、ジョージア州では、飼育に制限はないが、フェレットの繁殖には許可が必要です。
テキサス州ダラスではフェレットの飼育が禁じられていましたが、現在のダラス市の動物飼育に関する規則で、フェレットの予防接種が義務化されています。


日本

北海道では、2001 年 10 月に施行された「北海道動物の愛護及び管理に関する条例」の第2条第3号に基づき、施行規則においてフェレットが「特定移入動物」に指定され、「飼い主が特定移入動物の飼養を開始したときは、その開始の日から30日以内に、規則で定めるところにより、その旨を知事に届け出なければならない。飼養を休止し、又は廃止したときも、同様とする」とされています。



ページトップへ戻る