ページ内を移動するためのリンクです。


岩崎動物病院は、東京都台東区浅草のフェレット・そのほかのエキゾチックアニマルの診療が可能な動物病院です。

アクセスマップ

テキストサイズ
テキストサイズS(小)
テキストサイズM(中)
テキストサイズL(大)

ご予約・お問い合わせは 03-3876-9696


フェレットの飼育環境

ケージ

フェレットは狭い場所に好んで入り込む性質があります。フェレットにとって人間の生活スペースには危険が多く、飼育にはケージが必要不可欠です。


ケージのタイプ

水槽ケージでは蒸れてしまうので、メッシュゲージを使用するのが理想的です。ケージを選ぶ際には脱走に配慮が必要です。フェレットは狭い場所に入り込める形態をしており、ケージの隙間が頭蓋の幅と同じならば脱走が可能です。その幅は約5cmと言われています。そのため、飼育に使用するケージの隙間は5cmより小さい幅のものを使用します。


ケージの広さ

使用するケージはフェレットが生活をする上である程度の床面積が必要です。単頭飼育の場合に床面積60cm×70cm以上が必要になります。


床材

床に金網やスノコなど硬い床を使用していると足を挟む事故や、摩擦により炎症などの原因になります。スノコを取り除くなどの工夫が必要です。床材として新聞紙が安価で手入れも簡単です。


トイレ

フェレットは一箇所に排泄をする性質を持っており、トイレを利用する事が出来ます。フェレットは角に向かって下がりながら排泄をするので、入り口が低く、中に入るにつれて壁が高くなるトイレが適しています


寝床

フェレットは暗くて狭い場所を好んで寝床とします。寝床には身を隠せるくらいの布や、ショップで販売している寝袋が適しています。


温度・湿度管理

フェレットが通常に生活できる温度は15~22度とされています。汗腺が存在するのは足裏のみで、暑さにとても弱い生き物です。気温30度以上になると危険な状態になります。わずかな時間でも高温の状態が続くと熱中症を引き起こし、さらに放置すると死に至ります。そのため、夏はエアコンによる温度管理が必要です。
湿度は40~65%が理想とされています。乾燥は皮膚や呼吸器の病気の元になります。



ページトップへ戻る