ページ内を移動するためのリンクです。


岩崎動物病院は、東京都台東区浅草のフェレット・そのほかのエキゾチックアニマルの診療が可能な動物病院です。

アクセスマップ

テキストサイズ
テキストサイズS(小)
テキストサイズM(中)
テキストサイズL(大)

ご予約・お問い合わせは 03-3876-9696


犬の病気

こちらのページでは、膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)歯周病アレルギー糖尿病について紹介します。

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

後肢の膝にある膝蓋骨(一般に膝の皿と呼ばれる人間の膝にもある骨)が大腿骨の滑車と呼ばれる溝から外れてしまう事を言います。普段は靭帯に支持されており、膝の動きを滑らかにする働きをしています。
膝蓋骨脱臼は体の外側にずれる外方脱臼と、内側にずれる内方脱臼がありますが大半は小型犬による内方脱臼です。


原因

1 先天的(生まれつき)に膝蓋骨が外れやすくなっている。例えば、先天的に滑車の溝が浅く外れやすい、大腿骨がねじれている、靭帯の位置がずれている等があります、このような異常があると成長に伴って脱臼しやすくなってしまいます。
2 後天的には交通事故や落下等による衝撃によるものや、クル病や栄養障害による骨の変形等の原因があります。


症状

膝蓋骨脱臼には程度によりグレード1~4までに分けることができます。

グレード1
膝の関節はほとんど正常ですが、関節を伸ばして指で押すことにより簡単に脱臼が起こります。押すのをやめると自然に元に戻ります。

グレード2
膝の関節を曲げた時に脱臼が起こり、日常の生活で時々はずれるような状態です。はずれてしまった時は指で元に戻すか関節を伸ばさないと元の位置に戻りません。

グレード3
普段でも膝蓋骨が脱臼したままの状態が多く、足を伸ばすと元に戻ることがありますが、だいぶ病気が進行しています。そのため完全に足を挙げてしまいます。手で戻すこともできますがすぐに脱臼してしまいます。

グレード4
膝蓋骨が脱臼したままで元に戻そうとしても戻らず、はずれっぱなしの状態です。O脚(内方脱臼)、X脚(外方脱臼)と呼ばれる変形が見られ、手術以外に整復する方法はありません。


予防

膝蓋骨脱臼は触診(触って調べる)で発見できる事もあるので、動物病院で定期的に診てもらって下さい。疑わしい場合はレントゲンを撮って確認することができます。
お家の中で出来る予防としては足に負担がかかるので肥満に気をつける、カーペットなど敷いて床を滑りにくくする、段差に気をつけてあげるなど日常生活における膝への負担を減らすと良いでしょう。

治療

膝蓋骨脱臼の治療には、症状が軽い場合には体重制限や運動制限、サプリメントによる関節の軟骨の強化、痛みがある場合には鎮静剤の投与などにより現状を維持することが出来ますが、あくまで現状維持なので病気が進行してしまう可能性があります。
症状が重い場合は手術による整復が必要になってきます。手術はその症状に合わせて膝蓋骨を元の位置に戻し、外れないようにすることが目的になります。


術後管理

手術後一ヶ月間くらいは運動制限をします。術後にジャンプや回転などの激しい運動をして患部に負担をかけてしまうと手術が無駄になってしまいますので気を付けてあげないといけません。


子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)

子宮蓄膿症は、子宮の腔内の炎症により膿汁がたまるメス犬の生殖器の病気です。約10ヶ月以上の性成熟したメス犬であれば発症の可能性がありますが、5歳以上の仔に多いようです。出産経験のない高齢の仔に多いですが、経験している仔でも長期間出産をしていないのであれば発症することがあります。


原因

通常、膣の中には健康な仔でも大腸菌、球菌といった常在菌が存在しています。発情期には子宮の入り口が緩みます。犬の場合、発情期間が2週間前後と比較的長く続き、長ければ長いほど細菌の侵入を許してしまいます。侵入した細菌が繁殖をし、膿をつくり出します。発情期以外の子宮は閉じているので中の膿は外に出ず、どんどん子宮内に溜まってしまいます。


症状

症状は発情終了後2~3ヵ月後が多いようです。初期症状は時々食欲にむらがでる程度です。しかし、症状が進むとまず外陰部が腫れ、灰黄色の膿汁や赤褐色の分泌物が排出され、それらは通常の発情ではみられないような匂いを発します。犬が舐めたり、床を汚すようになり、初めて飼い主が気づきます。
さらに、膿が溜まると腹部が腫れて垂れ下がったように見えます。そのころには嘔吐をし、食欲も元気もなくします。また異常に水を飲むので尿量が増えます。体温も通常より高めの状態が続きます。
嘔吐、多飲多尿(よく飲み、よく排尿する)、陰部からの分泌物は初期症状にも起こるので注意が必要です。


予防

犬の自然の発情周期に従って妊娠・出産することが予防になりますが、一般の家庭で何度も繁殖をさせるのは難しいと思われます。
効率の良い予防としては避妊手術をすることです。子犬のうちに避妊手術をする事により子宮蓄膿症以外の生殖器関係の病気も防ぐことが出来ます。これはメス犬だけではなく、オス犬にも言えることなのでもし繁殖を考えていないのならば、早めに避妊、去勢手術をしてあげることが生殖器関係の病気の予防になります。


治療

最善の方法は卵巣と子宮を手術によって取り除くことです。しかし、重篤な場合一般の避妊手術よりも細心の麻酔管理と術後管理が必要です。
症状の軽い犬や陰部から膿汁をだらだらと分泌している犬は内科的に分娩促進剤を使い、膿を排出させることも出来ます。しかし、この方法では完全に排出させることが出来ず、子宮が破裂したり、膿が逆流してしまう恐れがあります。また再発しやすいので注意が必要です。


歯周病(ししゅうびょう)

歯の周辺に起る病気の事を歯周病といいます。歯周病のはじめには、歯肉(歯ぐき)に炎症が起こります。さらに病状が進んで歯の根元が損なわれたり、歯と歯ぐきの間の溝が広くなった状態を歯周炎といいます。
歯周病の初期では飼い主の方が気付かない事がほとんどのようです。それは犬の口の中は見ようと思わなければ見えないからです。そして、病気が進み細菌が増殖しが口臭が出てくるようになって気付くケースが多いようです。歯ぐきが後退して歯根の部分も見えるので歯が長くなったと感じることもあります。
しかも、この歯周病の細菌は歯ぐきの血管に乗って全身の臓器に感染してしまう場合があります。そうなる前に日々のチェックとケアが大切です。


原因

歯周病の原因にはケガなど外傷によるものと、細菌感染によるものとに分かれます。外傷性のものは硬いものを食べる時に傷ついてしまったり、頭部への衝撃が原因だったりしますがほとんど自然に治ってしまいます。
一方、細菌感染の場合の最大の原因は口の中の汚れです。乳歯が残っている子や短頭種の子は歯が密に生えてしまうので歯垢が溜まりやすい傾向にあるようです。あと、人間の食べ物を食べている、柔らかい物ばかり食べている場合も歯垢は溜まりやすくなっています。
歯の間に食べかすや歯垢(食べかすを食べる細菌)が増えると細菌達が歯肉に炎症を起こします。この感染性の歯周病はたびたび体中に細菌がまわり、重い全身症状が起こります。


症状

歯肉炎が進んで歯周炎にかかった時には膿が歯の根元から出るため口臭がひどくなります、また歯の周りから出血する事もあり、痛みも生じます。
さらに進むと歯と歯肉の間が深くなり「歯周ポケット」というものつくられ膿が溜まります。歯もぐらぐらになってしまい痛みもあるので、食事に時間がかかってしまい食欲がなくなってしまいます。
また、細菌は毒素を生産するため、血中アンモニア濃度が高くなることもあり、長い間感染が続くと軽い尿毒症をおこして嘔吐を繰り返すことがあります。


予防

歯周病は予防が肝心です、歯垢は放っておくと約二日という短い時間で硬い歯石に変化します。歯垢はこすれば簡単に取れますが、歯石は歯科医療の道具を使わなければ取れません。しかも犬の場合歯石の除去には麻酔が必要になってきます。ですから、家庭で歯垢のうちに取ってしまうのがベストです。
具体的なケアの方法は毎日歯磨きをしてあげる、歯肉マッサージしてあげる、なるべく堅い食べ物や噛むオモチャをあげる。(堅いものを噛む事で歯垢をおとす)などです。
しかし、歯磨きやマッサージは小さいうちから慣らしてあげないと嫌がるので習慣付けるのは努力が必要になってきます。


アレルギー

大抵の人は大丈夫でも、特定の物を食べると蕁麻疹が起きたり、吐いたりする人がいます。また、埃や花粉を吸い込むと涙やくしゃみが止まらなくなる人がいます、このように普通は害のないものに対して異常な反応を示すことをアレルギーと言います。
人間と同じように犬にもアレルギーが存在します。


原因

生き物には免疫という防御機能があり、それにより体に侵入してきた細菌やウィルスなどの有害なモノを排除します。しかし、普通なら無害なものにも免疫が反応してしまい、その結果、痒みや炎症を引き起こしてしまいます。


症状

アレルギーその部位によって様々な症状を起こします。

1 皮膚 :痒み、炎症
2 眼  :涙、炎症
3 耳  :頭を振る、耳を掻く
4 呼吸器:くしゃみ、喘ぎ声、泣き声の変化
5 消火器:間欠的な嘔吐、下痢

特に皮膚に症状が現れることが多く、アレルギー性皮膚炎と呼ばれ、その原因は大きく四つに分けられています。

1 吸引性アレルギー(アトピー)性皮膚炎
このアレルギーは環境アレルゲン(花粉、真菌、ハウスダストなど)吸い込むことで起こる即時型アレルギー皮膚疾患(すぐ反応が起こる)で一歳から三歳の犬に発症することが多く、一年を通して障害が現れるようになります。
2 接触性アレルギー性皮膚炎
足の腹、脇、鼻、あご、唇、耳介など、被毛がまばらな皮膚に発症します。洗剤、シャンプーなどの薬物や漆、花粉といった植物などがアレルゲンとして接触しその後ゆっくりと反応が起こるタイプのアレルギーです。
3 食事性アレルギー性皮膚炎
犬種、年齢に関係なく発症し、数ヶ月から数年といった長い間同じ食べ物を与えられていることが多く、高タンパクな卵、肉、ミルクなどが原因になります。皮膚症状は顔に集中してみられ、まれに全身に広がります。他の症状としては、嘔吐、下痢など胃腸症状があり、まれに神経症状、呼吸症状を併発します。
4 ノミアレルギー性皮膚炎
このアレルギーはノミの唾液中に含まれる成分によって起こる反応です。皮膚炎が背面腰部に良く見られます。ノミの活動が活発になる夏から秋にかけて発症します。

このように、いろんな種類のアレルギー性皮膚炎がありますが、基本的にすべて強い痒みを伴うので犬はかんだり引っかいたりします。そのため放置すると、皮膚が傷ついたり、二次感染を起こしたりするので日頃からの注意が必要です。


治療・再発予防

アレルゲンをその犬の生活環境から取り去ることが重要です。そのため、日常生活を見直したり、検査をすることによりある程度原因を特定します。疑いがある物は接触・吸引をなるべく避けます。
また、犬の体や部屋を清潔に保つ事や、ノミの駆除も再発予防に重要になってきます。


糖尿病(とうにょうびょう)

膵臓からはインスリンというホルモンが分泌されています。インスリンにより体が糖分を吸収したり、肝臓が脂肪やタンパク質を蓄えるのを助けます。膵臓からインスリンが出ないなどの何らかの理由でインスリンが足りなくなることで重要なエネルギー源である糖を吸収できなくなり、体にいろいろな不調が現れます。この病気になると使えなくてあふれた糖が尿と一緒に排泄されてしまうので、「糖尿病」と呼ばれます。放っておくと命に関わる病気です。


原因

はっきりとは分かっていませんが現在考えられている原因は遺伝的要因や肥満、感染、運動不足などの環境因子が関係していると考えられています。 また、七歳から十歳の犬に多いことや、メス犬はオス犬の三倍の発生頻度があることからホルモンが関係しているとも考えられています。


症状

あふれた糖を排出する際に大量の水が必要になるので尿の量が増え、そのためノドが乾き大量の水を飲みます。(多飲多尿)
また多くの場合、食べ物をたくさん食べても、体重が減っていきます。これはインスリンがないことにより糖が使えず、しかも他の栄養素であるタンパク質や脂肪もインスリン不足により蓄えることが出来ず、どんどん痩せていってしまいます。
体は栄養不足を補うために元からある脂肪を分解してエネルギーを得ようとするのですが、脂肪を分解するとエネルギーと共にケトン体という有害物質ができてしまい、下痢や嘔吐、昏睡状態を引き起こします。


治療

糖尿病は「治す」のではなく「コントロール」する病気だと言われます。インスリン投与、食事療法がメインで

東日本大震災動物救助・救援情報サイト


そこに運動療法が加わります。
インスリン注射を毎日飼い主の方が獣医師の指示のもと行います。インスリンは血糖値を下げるので低血糖症(血液中の糖分が減りすぎることにより起こるけいれん)に注意します。具体的には、インスリンの効き目が強くなる少し前に食事を与えます。
糖尿病の場合の食事療法は肥満解消、食物の摂取時間とカロリーの一定化、食後の血糖値の変化が少ない食事を与えることが目標となります。そして、毎日の散歩の運動量もあまり変えないようにします。
糖尿病のコントロールには飼い主の方の理解と毎日の規則正しい生活が重要になってきます。

予防

肥満は糖尿病に限らず他の病気の原因にもなるので普段から太り過ぎないように注意します。食事は量よりカロリーが問題です。食べ物を欲しがって仕方ない仔にはカロリーの少ない野菜をあげるのもひとつの手です。
また、飼っている子がメスで繁殖を考えていないのならば、他の病気の予防にも繋がるので避妊手術をする事をおすすめします。


ページトップへ戻る